起業に“めちゃくちゃ”役立つおすすめ本8選【現役起業家がおすすめ本を紹介】

ブログの読者

起業したいと思っているが、起業に役立つ本を教えてほしい。沢山の本が売られているが、実際のビジネスに役立つ本を知りたい。

こういった疑問にこたえます。

今回の記事を読むことで得られることは下記です。

・起業に役立つ実用的な本がわかる

この記事を書いているぼくは、フィリピン・セブ島でカフェを経営しています。
ぼくは起業家になりたいと思い、そのための勉強として沢山の本を読み、また「中小企業診断士」と「MBA」の資格も取りました。
これまで読んだ本の中で実際のビジネスに役立っている本を紹介します。

※記事は、3分で読み終わります。

起業に役立つおすすめ本の紹介前に〜起業家に必要なスキルについて

起業に役立つ本を知るために、まず起業家に必要なスキルや知識について説明します。
すべての起業家が持つべきものは次の3つです。

・起業に必須①:専門分野の知識
・起業に必須②:経営戦略の立案力
・起業に必須③:諦めない強い気持ち

加えて、次の2つの知識も持っておいた方が良いです。

・+アルファの知識①:ウェブマーケティングの知識
・+アルファの知識②:東南アジアビジネスの知識

それぞれの理由を述べていきます。

起業に必須①:専門分野の知識

起業したら、「商品を作ること」と「販売すること」が必要です。
そのためには、専門分野の知識がないといけません。
よって、専門分野の本を読んで勉強しましょう。

たとえば、あなたが不動産業をやりたいなら不動産に関する本を読みましょう。

起業に必須②:経営戦略の立案力

経営戦略の立案は、経営者のもっとも大事な仕事です。
商品開発や営業は、社員に任せて良いかもしれません。
しかし、経営戦略の立案だけは経営者がやるべき仕事です。
理由は、経営の中で最も重要な部分だからです。

起業に絶対必要③:諦めない強い気持ち

起業すると精神的にしんどい時期はきます。
すべて自己責任な上に、上手くいくことばかりではないからです。

うまくいかず諦めそうになっても、そこで諦めてはいけません。
物事をポジティブにとらえて、失敗を活かす精神が必要です。

+アルファの知識①:ウェブマーケティングの知識

今の時代、ネットは営業活動に必須です。
ネットで営業が完結する商品もあれば、見込み客を発掘するためにネットを使うケースなど、使い方は様々です。
どのビジネスでも、ウェブマーケティングの知識はビジネスの発展に役立ちます。

+アルファの知識②:東南アジアビジネスの知識

東南アジアは急成長しており、ビジネスチャンスがゴロゴロしています。
一方、日本のマーケットはどんどん縮小しています。
最初は日本で事業をスタートしても、東南アジアも視野に入れて置いた方が良いです。

起業に役立つおすすめ本の紹介

経営戦略の立案に役立つ本

【オススメ本①:経営戦略立案シナリオ】

著者の佐藤氏の本はすべておすすめです。
今回はその中でも特にオススメの3冊を紹介します。

「経営戦略立案シナリオ」では、著者考案のフレームワーク「ベーシックス」について書かれています。
ぼくはこの本を8年ぐらい前に読んだのですが、戦略を考える時は常に「ベーシックス」の視点で考えています。

「ベーシックス」の凄いところは、「シンプルで実用的な点」です。

ぼくはMBAに行ってたのでコトラーやドラッガーの本も読んだのですが、実際のビジネスにその知識をあまり役立てることはできていません。
しかしこの「ベーシックス」は、思考する時のベースになっています。

【おすすめ本②:実践マーケティング戦略】

こちらも佐藤氏の本です。
この本には、「ベーシックス」を含めた著者考案の「5つのフレームワーク」について書かれています。
この中の「売上5原則」はかなり実用的で使えます。

【おすすめ本③:新人OL、つぶれかけの会社をまかされる】

この本は、「ドリルを売るなら穴を売れ」という割と有名な本のリニューアル版です。
小説形式であるため、佐藤氏のフレームワークへの理解がより深まります。

諦めない強い気持ちを持つための本

【おすすめ本④:自助論】

この本は150年前に書かれた古典です。
当時「学問のすすめ」と並び、ベストセラーだったようです。
古典ですが、現代文で書かれているので読みやすくモチベーションが高まります。
起業して精神的につらい時、この本のいくつかのフレーズを思い出し、諦めずに頑張ることができています。

【おすすめ本⑤:7つの習慣】

created by Rinker
キング・ベアー出版

こちらは世界で3千万部売れているベストセラー本です。
著者は世の中で成功している人たちの「考え方」を研究し、その共通項をまとめたものが本書です。
かなりボリュームがあるので読むのに時間はかかりますが、読む価値ありです。

ウェブマーケティングを知るための本

【おすすめ本⑥:沈黙のwebマーケティング】

この本では、ウェブマーケティングについてストーリー仕立てで解説されています。
ウェブマーケティングの本はそれなりの数を読みましたが、この本が圧倒的に詳しく勉強になりました。

【おすすめ本⑦:20歳の自分に受けさせたい文章講義】

この本は割と最近読んだ本ですが、本のタイトル通りに20歳の時に読みたかったなと思える良書です。
インターネットで物を売るためにはライティングスキルは必須です。
この本では、わかりやすい文章を書くための「書く順序」について書いてあり、それが非常に使えます。

なお、ウェブマーケティングのスキルを身につけたい方は「ブログを書くこと」をおすすめします。

ブログに興味ある人は下記の記事もどうぞ。

>>初心者のためのアフィリエイトブログの始め方

東南アジアビジネスを知るための本

【おすすめ本⑧:大資産家になるためのアジア副業マニュアル】

タイトルは少し怪しいですが、中身は東南アジアビジネスの可能性についてロジカルに書かれていて大変勉強になります。
各国のデータが豊富に載っています。
この本は、ぼくが東南アジアでビジネスをしようと決めるキッカケになりました。

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?
ぼくがこれまで数百冊読んだ本の中で、特にオススメの本を紹介しました。
まずは本を読んで基礎知識を付けて、実践が重要です。
知識がない状態で実践しても効率は悪いです。
とはいえ、実践しないと読んだ知識がもったいないです。
本を読みつつ、行動しましょう。